【佐賀】注文住宅で家をお考えなら | 建築サポートの建築家は本当に建築のプロなのか?

佐賀で注文住宅をお考えなら! E-mail:info@kenchiku-support.jp
MENU
「家づくりの成功の秘訣」
「失敗しない土地選びの秘訣」
「失敗しない業者選びの秘訣」
「2年後に家を建てる方へ」
◆無垢・木の家
◆子育て支援の家
◆理想の部屋NEW
建築サポート自慢プランの紹介です!
OB客様専門窓口
施工後のアフターケアーもしっかりサポートするため、OB客様専用のお問い合わせフォームを設けております。
家に関するお悩みやご相談など、ぜひ弊社にお問い合わせください。
有限会社 建築サポート
【所在地】
〒849-1402
佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
〒849-1402佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
【TEL】 0954-66-5732
【E-mail】
info@kenchiku-support.jp
営業エリア
【佐賀県】
嬉野市を中心に佐賀市、武雄市、鹿島市、白石町、大町町、江北町、多久市
【福岡県】福岡県内
※その他、地域の方も対応可能ですのでご相談ください。
リフォーム
TOP > 注文住宅の価格・見積・設計を無料診断 > 建築家は本当に建築のプロなのか?
  • mixiチェック

建築家は本当に建築のプロなのか?

■2014/12/31 建築家は本当に建築のプロなのか?
東京オリンピックのポスターを製作された、
 
グラフィックデザイナーの亀倉雄策氏、写真家の巨匠 土門拳氏、華道草月流の創始者 勅使河原蒼風氏、この三人による、三人三様の書本「1977年 出版」 の中から下記の文章を紹介します。
 
 
 
アメリカの西海岸だったか、東海岸だったか忘れたが、なにしろ白い家で屋根の片方が極端に上がって、しかも、ひさしの全くないものが大流行した。
 
 
雨の全く降らないこの地方では、たいへん必然性があるのだそうだ。
 
ところが、たちまち雨の多い、しかも、台風の通り路の日本で大流行した? 
 
ほとんど若い建築家の仕事である。雨漏りがしても、ぜったいに直らないということだった。私の知人の家が、この雨漏りで悩まされた、
 
何度、工事屋をよんでもダメだった。
 
 
工事屋が、「 だいたい最初から無理なんですよ。
 
 日本じゃ、こんな構造は雨漏りするということは常識なんですがねえ! 
 
なにしろ偉い先生だとゆうことですから、設計どうりやりましたが、雨が困るなら、家をこわして、最初からやり直すんですね」
 
 
こうゆう雨漏りの家を設計する人は、機をみるに敏で上手に、ジャナリズムにのってゆく、また、建築雑誌というのは無責任で、目新しい、珍奇な家でないと取り上げない。見た目が面白くないからだ。
 
 
建築雑誌は、ファッション雑誌と同じである。
 
ファッションも着られない服でないと、見た目が面白くない。
 
だから、住みやすいとか、合理的だというよりも、ファッション的な建築を雑誌が取り上げる。
 
 
そこで、建築家は、住む人のためにではなく、
 
自分の作品発表のために設計する。
 
一生に一度しか、家がたてられない人は災難である。 
 
下手な医者にかかって、あらた助かる命を落とすのみも似ている。
 
 
施主は、素人だから青図をみてもわからない。
 
ただ偉い秀才の建築家で、しかもジャーナリズムに名前が出ているからだと信頼する。
 
 
出来上がったのを見て驚いても、あとの祭りである。
 
第一、
 
この秀才はエリート意識が強く頑固である。
 
施主のいうことなんか聞くわかがない!
 
 
逆に、とうとうと理論でまくしたてられてるのがオチである。
 
しかも、建築にたうする無知、思想の浅さ、生活程度の低さを指摘されて、ここを住みこなさなければ人間としての未来がないと、おどかされる。
 
 
大体、どこの家庭でも亭主はお人よしで、おっちょこちょいである。
 
若い建築家のなにやらワケのわからなぬ、
 
むずかしい言葉つかいの理屈を聞いて、さも理解し、共鳴したような顔をする。
 
 
そうして、自分が新しい芸術の保護者になったような気分になる。
 
 
そうして、どんなデザインの家でもよろこんで住まわなければ、自分が時代おくれや、無知を笑われるかもしれないと虚栄心が顔をもたげる。 
 
 
これで、運命はきまったようなものだ、
 
家が出来上がってから、こんなわけではなかったと内心驚くが、さも満足したような顔をする。
 
 
ところが、女房どのは、現実主義だから、
 
とんでもないと亭主にくってかかる。
 
 
「 こんな使いにくい家、なんとか直してくれ」
 
 
今更、どうにもならない!
 
 これがもとでず~っと、
 
夫婦げんかのたえなるまがないという家庭がある。
 
いや~ ほんとうの話だ。
 
 
 
最後に、建築設計士は、資格を取る前に、実務経験として、5年以上は、トンカチもって現場で修業をすることを、資格取得の条件にすべきである。
 
又、今の資格制度はおかしい?
 
弁護士、医者、も問題である。
 
 
資格のあるまともな人は、全体の20%くらいと思う。
 
そこには、生まれもっている感性や美意識、技量、経験などが必要なのである。
 
そして、大学制度を見直し、貧乏人の子供でも
 
無料で入学できる新たな制度を設けるべきである。
 
 
坂の上の雲に出てくる、秋山兄弟のように
 
素晴らしい人材を生み出すことになると思う。


以上です。
 
 
西洋漆喰 レビスタンプ/パビスタンプ 日本事務所
→ www.vonsumaine.com






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
建築サポート
http://www.kenchiku-support.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:佐賀県嬉野市塩田町久間甲860
TEL:0954-66-5732
------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/Edlry0
Twitter:http://goo.gl/rGmfWH
mixi:http://goo.gl/L6e7OZ
アメブロ:http://goo.gl/Tn3yE5
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Copyright (c) 2007 kenchiku-support.jp All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】