【佐賀】注文住宅で家をお考えなら | 建築サポートの基礎断熱はどうでしょうか?

佐賀で注文住宅をお考えなら! E-mail:info@kenchiku-support.jp
MENU
「家づくりの成功の秘訣」
「失敗しない土地選びの秘訣」
「失敗しない業者選びの秘訣」
「2年後に家を建てる方へ」
◆無垢・木の家
◆子育て支援の家
◆理想の部屋NEW
建築サポート自慢プランの紹介です!
OB客様専門窓口
施工後のアフターケアーもしっかりサポートするため、OB客様専用のお問い合わせフォームを設けております。
家に関するお悩みやご相談など、ぜひ弊社にお問い合わせください。
有限会社 建築サポート
【所在地】
〒849-1402
佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
〒849-1402佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
【TEL】 0954-66-5732
【E-mail】
info@kenchiku-support.jp
営業エリア
【佐賀県】
嬉野市を中心に佐賀市、武雄市、鹿島市、白石町、大町町、江北町、多久市
【福岡県】福岡県内
※その他、地域の方も対応可能ですのでご相談ください。
リフォーム
TOP > 注文住宅の価格・見積・設計を無料診断 > 基礎断熱はどうでしょうか?
  • mixiチェック

基礎断熱はどうでしょうか?

■2015/02/25 基礎断熱はどうでしょうか?

私は基礎断熱もいいと思っていますので
 
基礎パッキンを使用しない時もあります。
 
 
床下は一般的にジメジメするという既製概念があるため、
 
基礎断熱の場合でも「換気口がないのか?」とか
 
「湿気は大丈夫なのか?」と聞かれます。
 
 
井戸水の温度が1年中同じ温度なのと同様に、
 
床下(地中)の温度もだいだい17℃程度です。
 
そのため、冬は暖かく夏涼しいのですが、
 
夏に結露が起こります。
 
 
基礎断熱の場合は、
 
夏場も冬場も床断熱に比べて、
 
床下の温度が室温と同程度で高いので、
 
湿度は低く乾燥しています。
 
 
基礎断熱の床下は室内なので、
 
床下がなくなると考えた方が自然です。
 
つまり、土間での仕上げが基本で必要なところに
 
床を作ると考えれば良いです。
 
 
床下換気の場合は
 
夏になると、外の高温多湿な空気が換気口から
 
床下に入ってきます。
 
 
床下は恒温性があるため、
 
外気より冷えています。
 
外からの高温多湿な空気は、床下に入ると冷えて、
 
床下の土間コンの上が結露し、地域によっては
 
ひどい場合、プールのように水がたまることもあります。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
建築サポート

http://www.kenchiku-support.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:佐賀県嬉野市塩田町久間甲860
TEL:0954-66-5732
------------------------------------------------
Facebook:
http://goo.gl/Edlry0
Twitter:http://goo.gl/rGmfWH
mixi:http://goo.gl/L6e7OZ
アメブロ:http://goo.gl/Tn3yE5
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Copyright (c) 2007 kenchiku-support.jp All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】