【佐賀】注文住宅で家をお考えなら | 建築サポートの高断熱高気密の家

佐賀で注文住宅をお考えなら! E-mail:info@kenchiku-support.jp
MENU
「家づくりの成功の秘訣」
「失敗しない土地選びの秘訣」
「失敗しない業者選びの秘訣」
「2年後に家を建てる方へ」
◆無垢・木の家
◆子育て支援の家
◆理想の部屋NEW
建築サポート自慢プランの紹介です!
OB客様専門窓口
施工後のアフターケアーもしっかりサポートするため、OB客様専用のお問い合わせフォームを設けております。
家に関するお悩みやご相談など、ぜひ弊社にお問い合わせください。
有限会社 建築サポート
【所在地】
〒849-1402
佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
〒849-1402佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
【TEL】 0954-66-5732
【E-mail】
info@kenchiku-support.jp
営業エリア
【佐賀県】
嬉野市を中心に佐賀市、武雄市、鹿島市、白石町、大町町、江北町、多久市
【福岡県】福岡県内
※その他、地域の方も対応可能ですのでご相談ください。
リフォーム
TOP > 建築費問題研究所 > 高断熱高気密の家
  • mixiチェック

高断熱高気密の家

■2015/03/07 高断熱高気密の家
3月になり暖かくなってきて寒がりの私は、やっと寒さから解放されるとホッとしています。

寒さに弱い方には、高断熱高気密住宅が最適なようです。
 
 
そこで今日は
 
高断熱高気密について少し
 
お話したいと思います。
 
 
高断熱高気密にするのは何も全館冷暖房をするのが
 
最大の目的ではありません。
 
最大の目的は健康に暮らすということですが
 
 
全館冷暖房をすることにより
 
カビダニも発生せず、結露も出ない家を作ることが出来るんですね。
 
 
高断熱高気密住宅の一般的なイメージとして
 
シックハウスがあると思います。
 
シックハウスとは住宅に使われる建材に含まれる
 
化学物質が揮発してのどの痛み、咳、めまい、頭痛、じんましん・・・
 
化学物質過敏症を発症することです。
 
 
シックハウスの対策として世間一般には、
 
漆喰や、無垢に木など化学物質を使わない
 
家づくりが一番大事なことのように思われています。
 
 
しかし、自然素材を使えばシックハウスは、
 
それで解決するのでしょうか?
 
いいえ解決しません。
 
 
シックハウス症候群の原因は化学物質だけではありません。
 
もう一つ大きな原因。
 
カビダニによるアレルギーなんです。
 
化学物質過敏症は全国で約100万人
 
アレルギーを発症している人全国で約4600万人。
 
化学物質過敏症よりアレルギーを発症している人の方が
 
圧倒的に多いんですね。
 
 
なので
 
有効的なシックハウス対策としては、
 
化学物質対策とアレルギー対策が必要なのです。
 
化学物質を含まない自然素材の使用と
 
 
ハウスダスト、カビ、ダニ対策。
 
しかし多くの住宅会社では
 
化学物質対策はとられていますが
 
カビダニに対するアレルギー対策は
 
ほとんどとられていません。
 
 
アレルギー対策としては
 
カビ、ダニを発生させないということが大事ですが
 
ダニの生息条件は、
 
1・適温 20~30度
 
2・湿気 70%以上
 
3・エサ ホコリ、アカ、フケ、カビ
 
4・住みか カーペット、布団、畳
 
なんですが、このうち一つでも取り除けば
 
繁殖を抑えられるんですね。
 
 
徹底的に掃除をする。
 
これも有効な方法ですが、なかなか毎日実行できるものでは
 
ありません。
 
 
もっと楽で有効的な方法は(笑)
 
それは何か?
 
あったんです。
 
最も有効的で楽な方法が。
 
それは、効率的な換気です。
 
効率的な換気をすることにより
 
 
2・湿気 70%以上
 
3・エサ ホコリ、アカ、フケ、カビ
 
を取り除くことができます。
 
換気をさせることで
 
60%以下の湿度、少ないホコリ
 
室内の化学物質も排出できます。
 
昔みたいに隙間だらけの日本家屋にすれば
 
いいのですが、それは現代人には無理です。
 
外と同じような温度の中で暮らすことは健康上も悪いので
 
出来ないのです。
 
 
だったらもう一つの方法。
 
徹底した高断熱高気密住宅。
 
 
現代住宅に使われている換気システムは
 
現在、第3種換気システムがほとんどです。
 
ただこの換気方式は、中断熱中気密の家では
 
換気がほとんどできません。
 
一般的に使われている第3種換気システムが
 
有効に効率的な換気をするためには、高断熱高気密
 
の家しか使ってはいけない換気システムなんです。
 
 
断熱性能2.5以下隙間相当面積が2以下が
 
高断熱高気密の家の性能なんです。
 
ということはほとんどの家はこれ性能を満たしていないので
 
有効な換気が出来ていないんですね。
 
 
もう一度しつこく言うと、
 
一般の住宅で第3種換気システムを採用している
 
住宅は換気が出来ていないんです。
 
 
 
ちょっと長くなったので今日はここまで。
 
 
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
建築サポート
http://www.kenchiku-support.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:佐賀県嬉野市塩田町久間甲860
TEL:0954-66-5732
------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/Edlry0
Twitter:http://goo.gl/rGmfWH
mixi:http://goo.gl/L6e7OZ
アメブロ:http://goo.gl/Tn3yE5
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Copyright (c) 2007 kenchiku-support.jp All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】