【佐賀】注文住宅で家をお考えなら | 建築サポートの注文住宅の見積もり

佐賀で注文住宅をお考えなら! E-mail:info@kenchiku-support.jp
MENU
「家づくりの成功の秘訣」
「失敗しない土地選びの秘訣」
「失敗しない業者選びの秘訣」
「2年後に家を建てる方へ」
◆無垢・木の家
◆子育て支援の家
◆理想の部屋NEW
建築サポート自慢プランの紹介です!
OB客様専門窓口
施工後のアフターケアーもしっかりサポートするため、OB客様専用のお問い合わせフォームを設けております。
家に関するお悩みやご相談など、ぜひ弊社にお問い合わせください。
有限会社 建築サポート
【所在地】
〒849-1402
佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
〒849-1402佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
【TEL】 0954-66-5732
【E-mail】
info@kenchiku-support.jp
営業エリア
【佐賀県】
嬉野市を中心に佐賀市、武雄市、鹿島市、白石町、大町町、江北町、多久市
【福岡県】福岡県内
※その他、地域の方も対応可能ですのでご相談ください。
リフォーム
TOP > 建築費問題研究所 > 注文住宅の見積もり
  • mixiチェック

注文住宅の見積もり

■2016/07/05 注文住宅の見積もり
注文住宅の見積もり
今日は見積もりについて考えてみます。
 
家を建てるとき必ず見積もりを取りますよね。
 
 
なぜ見積もりを取るかというと、最初から値段が
 
決まっている車や電化製品と違い価格が決まって
 
いないのが注文住宅なんだからです。
 
 
建売は最初から価格が決まっていますので
 
細かい見積もりは必要ありません。
 
 
注文住宅の見積もりは大きく分けて1式●●万円と
 
いう見積もりと、部材の一つ一つの数量と単価をかけた
 
価格が記載されている明細見積もりの2つが主流です。
 
1式見積もりの方は大手ハウスメーカーやローコスト住宅が
 
採用しています。
 
 
明細見積もりは地域の工務店が採用していると思います。
 
では、どちらが良いかというと・・・
 
 
以前、私は家の見積もりは明細見積もりが一番
 
いいと思っていました。
 
 
土台が30本で15万円、柱が50本で10万円、
 
など家に使われる部材をこと細かく積算して積み上げた
 
合計が正しい見積もりだと疑っていませんでした。
 
 
今もその方法が注文住宅には正しい見積もりの方法だと思っています。
 
 
ただ、今は一つ一つの部材を出さなくても、
 
専門業者別の見積もりでもいいのでは?
 
と思うようになりました。
 
例えば、基礎工事80万円、屋根工事60万円、大工工事150万円という具合です。
 
 
 
理由は2つあります。
 
1つは細かい部材の値段をこれから家を建てる
 
消費者が知ってもあまり意味がないのでは?
 
ということです。
 
A工務店は柱が1本2000円、Bホームは柱が1本3000円
 
など比較して、A工務店が安いね。
 
Bホームが高い!
 
と言ったところで結局はトータルの金額で判断するのが
 
普通です。
 
 
家の部材は建築会社の実績や仕入れ能力で違うのが当たり前なのです。
 
大根やニンジンの値段もスーパーによって違いますよね。
 
細かい部材の単価が安くても、建築会社の利益やムダな費用が
 
別のところでたくさん上乗せされていたんでは、
 
何もなりません。
 
結局トータルの金額で比較するのですね。
 
 
 
2つ目は、明細見積もりは時間がかかるということです。
 
普通に明細見積もりを正確に出すには、
 
1週間はかかります。鉄筋の本数から清掃の手間まで
 
出すにはやはりそれくらいの時間が必要です。
 
しかし、専門工事業者別の基礎工事80万円、
 
屋根工事60万円、大工工事150万円という見積もりなら、
 
5時間もあれば終わります。
 
 
基礎面積X単価、屋根面積X単価、施工面積X単価という具合に
 
見積もるやり方ですからね。
 
 
注意するのは正確な数量と正確な単価を出すことくらいです。
 
 
これなら正確な見積もりが数時間でできますし見積もりにかかる
 
人件費も削減できます。
 
 
この2つの理由から1式見積もりでもなく
 
明細見積もりでもなく、
 
業種別工事見積もりとでもいいましょうか、
 
この見積もりが施主、建築業者共に良いのではと
 
思っています。
 
 
ただ、この業種別工事見積もりを施主が見る上で
 
注意することは、仕様がどのようになっているかを
 
ちゃんと知らなければいけません。
 
 
基礎工事はべた基礎なのか布基礎なのか?
 
構造材は乾燥材なのか濡れたままの生材なのか?
 
 
外部の壁は、何ミリのサイディングなのか?
 
室内の床は張物なのか?無垢の木なのか?キッチンは?バスは?トイレは?
 
という具合にどのような部材を使ってこの金額になっているのかを
 
確認しなければなりません。
 
 
 
特に建築会社の見積もりを2~5社比較検討される場合もあると思いますが、
 
トータルの金額とどの部材やどのような性能、品質の家がいくらで出来ると
 
いうことを確認してください。
 
 
これが疎かになると安物買いの銭失い、高い割には粗悪な家
 
ということで失敗します。
 
 
定価100万円のキッチンを70万円で見積もるのも
 
10万円で見積もるのも建築業者の自由です。
 
大工さんの日当を3万円で見積もるのも1万円で
 
見積もるのもこれまた自由です。
 
 
ある意味見積とは建築業者の都合で作られるものなのなのです。
 
 
 
 

 
専門業者別見積もりなら大した専門知識は必要ありません。
 
各種の面積が出せて工事単価が分かれば誰にでも出せます。
 
自分で工事費を算出されることをお勧めします。

そんなに難しくはありません。

たとえば基礎工事。

基礎の面積が20坪1坪単価が4万円なら

20坪X4万円=80万円。

 
間違っても最初から信頼していない建築会社に聞いたらダメです。
 
信頼できるようなら聞いてください。
 
でも、最初は自分で見積もることが大切です。
 
安く家を手に入れたいならですけど。
 





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
建築サポート
http://www.kenchiku-support.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/Edlry0
Twitter:http://goo.gl/rGmfWH
mixi:http://goo.gl/L6e7OZ
アメブロ:http://goo.gl/Tn3yE5
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Copyright (c) 2007 kenchiku-support.jp All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】