【佐賀】注文住宅で家をお考えなら | 建築サポートの家を建てるリスク

佐賀で注文住宅をお考えなら! E-mail:info@kenchiku-support.jp
MENU
「家づくりの成功の秘訣」
「失敗しない土地選びの秘訣」
「失敗しない業者選びの秘訣」
「2年後に家を建てる方へ」
◆無垢・木の家
◆子育て支援の家
◆理想の部屋NEW
建築サポート自慢プランの紹介です!
OB客様専門窓口
施工後のアフターケアーもしっかりサポートするため、OB客様専用のお問い合わせフォームを設けております。
家に関するお悩みやご相談など、ぜひ弊社にお問い合わせください。
有限会社 建築サポート
【所在地】
〒849-1402
佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
〒849-1402佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
【TEL】 0954-66-5732
【E-mail】
info@kenchiku-support.jp
営業エリア
【佐賀県】
嬉野市を中心に佐賀市、武雄市、鹿島市、白石町、大町町、江北町、多久市
【福岡県】福岡県内
※その他、地域の方も対応可能ですのでご相談ください。
リフォーム
TOP > 建築費問題研究所 > 家を建てるリスク
  • mixiチェック

家を建てるリスク

■2017/01/08 家を建てるリスク
家を建てるリスク
現在家を建てることについてリスク面ばかりが注目されるような世の中ではないでしょうか。

不況も続き、仕事面では昔ながらの終身雇用や年功序列といったことが見直され能力分の評価がされて良い部分のあるのですが、その分プレッシャーが大きくかかる世の中になったともいえます。

そんな厳しい世間のなか、将来が必ず安定しているとは言えないのに長期のローンを組んで家を建てるということが時代に合わないのではないかと懸念されるようになりました。

家というのは大きな買い物であり、長期ローンを組むことはとても大きなプレッシャーでもあります。

今は十分に余裕をもってローンを組むことができるけれど、将来的に会社が無くなってしまったらどうしようか、この先何が起こるかわからないという不安もあります。



それならばもし転勤になったとしても、もし子供が生まれたとしても引っ越ししやすい賃貸で暮らすほうが柔軟に対応できる分よいのではないかと考えるものです。

もちろんそういった考えも今では普通ですし、そうしたほうがお得で生活環境も良くなることが多くあります。

そんな現在の世の中、家を持つメリットはあるのでしょうか。

まず持ち家のメリットとして、ローンが終われば自分の資産になる点があげられます。

たしかにローンを組むというと大きな借金を背負うのですから不安になります。

ですが賃貸を選んだとしても、一生家賃は支払わなければなりません。

定年になっても家賃を支払う必要になりますが、持ち家であればローンが終わればもう支払う必要はありません。

そして次に持ち家のメリットに住み心地があげられます。


賃貸は用意されているところを選ぶことになるのですが、家を建てるとなると自分が過ごしやすく、自分の生活スタイルに合わせた家を作れることでもあります。


自分好みの間取りから好みのキッチンにリビングといったように、自分で選べるということは居心地の良さにも関わります。ストレスのない生活は健康や生活の質の向上にもつながるとも言われます。

持ち家も賃貸も良い点や悪い点が色々とありますが、ただ将来が不安だからと賃貸一択ということはなく、家を持つメリットも大きいので選択肢として選ぶことができるのではないでしょうか。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
建築サポート
http://www.kenchiku-support.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/Edlry0
Twitter:http://goo.gl/rGmfWH
mixi:http://goo.gl/L6e7OZ
アメブロ:http://goo.gl/Tn3yE5
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Copyright (c) 2007 kenchiku-support.jp All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】