【佐賀】注文住宅で家をお考えなら | 建築サポートのこれからも寒い家をつくりつづけますか?

佐賀で注文住宅をお考えなら! E-mail:info@kenchiku-support.jp
MENU
「家づくりの成功の秘訣」
「失敗しない土地選びの秘訣」
「失敗しない業者選びの秘訣」
「2年後に家を建てる方へ」
◆無垢・木の家
◆子育て支援の家
◆理想の部屋NEW
建築サポート自慢プランの紹介です!
OB客様専門窓口
施工後のアフターケアーもしっかりサポートするため、OB客様専用のお問い合わせフォームを設けております。
家に関するお悩みやご相談など、ぜひ弊社にお問い合わせください。
有限会社 建築サポート
【所在地】
〒849-1402
佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
〒849-1402佐賀県嬉野市塩田町久間乙1505
【TEL】 0954-66-5732
【E-mail】
info@kenchiku-support.jp
営業エリア
【佐賀県】
嬉野市を中心に佐賀市、武雄市、鹿島市、白石町、大町町、江北町、多久市
【福岡県】福岡県内
※その他、地域の方も対応可能ですのでご相談ください。
リフォーム
TOP > 注文住宅の価格・見積・設計を無料診断 > これからも寒い家をつくりつづけますか?
  • mixiチェック

これからも寒い家をつくりつづけますか?

■2016/01/13 これからも寒い家をつくりつづけますか?
これからも寒い家をつくりつづけますか?
家づくりで重要な性能の一つに断熱性能があります。
 
 
しかし、今の家はこの大事な断熱施工を大工工事の
 
一部分と言う考えで仕方なく(笑)大工が熱材を入れています。
 
 
昔、私もそうでした。
 
グラスウールのチカチカが腕や顔に突き刺すので
 
夏は特に大変でした。
 
 
そして、作業中に太陽の光に当たりグラスウールの繊維がキラキラと
 
空気中に舞っているのを見て
 
「これを長年吸い込んでいらた体に悪いだろうな」
 
と思いながら仕事をしていました。
 
今はその当時と比べたらチカチカ感はない断熱材になっているようです。
 
大工が断熱工事をする大きな問題点としては
 
どのように断熱材を入れたら効果が
 
出るのかなどといったことを温暖な地域の多くの大工は
 
何もわかってはいません。
 
 
間違った施工をしている現場がほとんどです。
 
 
しかしそれは大工が悪いというわけではないと思います。
 
そのような教育を受けていないのです。
 
 
ですから、断熱工事をきちんとやってもらうことを
 
大工に期待するより、大工工事とは切り離して
 
専門の断熱工事として専門の業者が施工する事が
 
大事なんですね。
 
 
有名なハウスメーカーの家でも住んで1年足らずで専門の
 
断熱工事をしなければ寒くて住めないような家を
 
作る時代です。
 
 
大工が請け負う工事の中で片手間的に断熱工事がなされている
 
結果です。
 
 
誰もがこのような家には住みたくないと思うのですが
 
 
いかがでしょうか?
 
 
  
 

 
大工には大工工事に専念してもらい
 
断熱工事は断熱の専門家が施工する。
 
この当たり前のことを行わないから、いつまでたっても
 
夏暑く冬寒い、漏エネの家が建ちつづけるのです。
 
賢い施主はそのような家は建てません。


 
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
建築サポート
http://www.kenchiku-support.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/Edlry0
Twitter:http://goo.gl/rGmfWH
mixi:http://goo.gl/L6e7OZ
アメブロ:http://goo.gl/Tn3yE5
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Copyright (c) 2007 kenchiku-support.jp All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】